怒り心頭の更年期障害|効果抜群の治療方法をお届け

脊柱管が狭くなるのを防ぐ

お花

主な治す方法とその特徴

脊柱管狭窄症は、若い人に見られる事もありますが、高齢者に多く見られる症状で、加齢や生まれつきの脊柱管が狭いといった事が原因となって起こります。脊柱管狭窄症の治療では、すぐに手術を行う事はなく、まずは保存療法を行うのが主となっており、主な治療法としては原因となっている症状を抑えるための薬物療法や運動療法が挙げられます。手術が必要になった場合には、骨を削ったり、黄色靭帯という靭帯を切除するといった根本的な治療を行う方法が取られています。最近では、高齢化に伴って医療技術が進み、侵略度の低い治療法が開発される事によって、体への負担が少なくて済み、高齢者でも安心して治療が受けられる手術が行えるようになりました。

具体的に行う内容として

脊柱管狭窄症の治療の目的は血管の圧迫を軽減させる事です。保存療法の方法では、消炎鎮痛剤や血管拡張血流改善剤や神経障害性疼痛剤などを使用する薬物療法や、エクササイズをしたりする運動療法があります。運動療法では、原因となっている神経の圧迫による血流の悪さを改善させる事が可能になります。手術療法では、悪い部分を切除するため、直接的な改善をさせるためには最も良い治療法であると言えます。脊柱管狭窄症の手術は、外科的手術や内視鏡手術などが主に使用されており、近年では内視鏡手術が傷を広く残さないで済み、体への負担が少ない事や明るい視野で確実な手術を行う事が出来るといった理由から、患者さんからの人気を集めています。